大人気の「マレーシア就職」!

大人気の「マレーシア就職」!その特徴や他国と比べたときの違いとは?

海外就職を成功させた、または海外就職がしたいと希望する人が増えているようです。
暮らしたい国ナンバー1に毎年選ばれる「マレーシア」も海外就職先として人気の高い国の一つです。
そこで今回は、マレーシア就職がほかの国よりもさらに魅力的なわけを、その特徴や他国と比べたときの違いをもとに解説していきます。
マレーシアで就職を考えている人はぜひご参考ください!!
 
 

いまの海外就職は「東南アジア」が アツい!!

海外就職や海外留学と聞いて、どういった国を思い浮かべますか。
オシャレな街が多い先進国が集まるヨーロッパでしょうか。はたまた、世界最大の経済大国アメリカでしょうか。
少し前までは欧米を中心とした国への就職、または留学というイメージをもたれる方が多かったようですが、
今ではそのイメージが大きく変わってきているようなのです。
最近では、海外への就職や留学がとても身近なものとなったことから、日本からも程近い「東南アジア」への就職を希望する日本人が増えています。
東南アジアではあれば、語学力、そして就労ビザ、そして海外での暮らしなど、欧米にくらべてさまざまな面でハードルが下がる、
といったことから若い人を中心に注目が高まっています。
以下では、そんな東南アジアでも今、最も人気があるとされる「マレーシアで就職すること」に着目して、
他の国で就職することとの違いについて色々とご紹介していきます。
 
マレーシア就職と欧米就職との違いについて
マレーシアで就職すること、そして欧米で就職することの一番の違いは、「経済面での違い」です。
それは、仕事で得られる給与の面でもそうですし、現地で生活をするときの生活費など、経済面に関わるすべてのことに違いがあります。
現地採用として海外で働くときには、外国人労働者に就労ビザを発給するための条件のなかに最低賃金というのが定められていますが、
マレーシアと欧米ではその賃金の差が3倍にまで及ぶことがあります。
これはやはり、マレーシアと欧米で暮らすために必要な生活費が異なるということが大きく関係しています。
家賃や食費だけをみても、マレーシアであれば欧米に比べて三分の一くらいの費用で収まるのです。
最近は、マレーシアへの海外留学が話題になっていますが、この理由もマレーシア留学自体がほかの留学先に比べて留学コストを大幅に抑えることができる、
という面が背景にはあるようです。
 
マレーシア就職とタイ就職の違い
マレーシア就職とタイ就職の大きな違いといえば、「語学力」が大きく関係しています。
マレーシアは、公用語のマレー語のほか、マレーシア人の多くが英語または中国語を話すといった特徴があります。
そのため、外資系企業に限らず、どこの企業でも基本的には「社内言語が英語」になります。
一方タイでは、一般的な企業で話される社内会話は「タイ語」が基本です。
そのため、英語が話せなくてもタイ語が話せることで仕事の幅が広がるともいえます。
タイよりもマレーシアで働きたいという人の多くは、仕事をしながら、そしてマレーシアで生活を送りながらでも
「語学力を高められる」といったことに大きな魅力を感じているようです。
実際に、普段の生活から英語を多用するマレーシアでは、必然的に日常会話レベルの英語力が養われますし、
仕事をして英語を使うようになれば自然とビジネス英語が話せるようになります。
タイでは、自ら働きかけないと英語力が身につくことはないでしょう。
仕事以外の場面ではタイ語のほうが重宝しますし、日本にいるよりは英語が通じるとはいっても、
タイ人のほとんどが普段の生活でタイ語を使うことからプライベートではタイ語をより多く話すようになるからです。
 
就職 海外留学

就職 大学留学

就職 マレーシア

就職 英語留学

就活 留学